よく分かる!プロジェクトマネージャの役割を簡単に説明する




プロジェクトマネージャと聞くと、ベテラン社員が担当するイメージかもしれない。

しかし、企業によっては早ければ2年目から小規模のプロジェクトを担うこともある。

実際、私がプロジェクトマネージャを初めて担当したのも2年目のときだった。

 

若手でもPMを担当することは多いだろう。

ただ、プロジェクトマネージャは何をすればいいのか、いまいちピンとこない人も多いと思う。

そこで、ここではプロジェクトマネージャの役割を簡単に説明する。

プロジェクトマネージャをはじめる第一歩になるはずだ。

プロジェクトマネージャの役割

プロジェクトマネージャの役割は、プロジェクトを成功に導くことだ。

プロジェクトの成功とは、『決めらられた期間に、利用できる資源(ヒト・モノ・カネ)を使い、スコープで定義された品質のシステムを構築すること』である。

こう聞くと難しく感じると思うので、ポイントを整理してみよう。

プロジェクト成功の定義
・期間内に終了すること
 → 納期を守ること

・利用できる資源を用いること
 → 予算を守ること

・スコープで定義された品質のシステムを構築すること
 → 品質を守ること

要するに、プロジェクトが成功するということは、納期・予算・品質の3つの条件を満たすということである。

聞いたことがあるかもしれないが、これら3つをまとめて『QCD』と呼ぶ。

プロジェクトの重要要素『QCD』

QCDは、①品質、②予算、③納期の3つの頭文字をとった用語だ。

品質:Quality
予算:Cost
納期:Delivery

品質は良ければ良いほどいい。
予算は低ければ低いほどいい。
納期は早ければ早いほどいい。

このように考えるのが一般的だが、全てを満たすことはできない。

例えば、品質を良くしようとすればするほど、お金はかかるし、納期も遅くなるからだ。

今後、あなたが担当するプロジェクトでも、QCDには頭を悩ませることになるだろう。

 

私の部署でも、バグだらけで納期を1年近く延期した炎上プロジェクトがあった。

大量の要員を投入し、なんとか終了させたものの大赤字だ。

(プロジェクトメンバーは、深夜までの残業や休日出勤を繰り返し、体調を崩して休むメンバーも出た)

失敗するプロジェクトでは、多くのメンバーが痛い目に合う。

プロジェクトの半数は失敗している

プロジェクトの成功率を上げるべく、PMBOK(ピンボック)をはじめとしたプロジェクトマネジメントの体系化が30年以上前から進められている。

その効果もあって、近年では、プロジェクトの成功率は上昇しているようだ。

2003年:26.7%
2008年:31.1%
2018年:52.8%
(出典:日経コンピュータ)

ただ、成功率が上昇しているとは言っても、プロジェクトの半数は失敗している。

この事実からも、プロジェクトマネージャの重要性を感じるだろう。

プロジェクトマネージャに必要な能力

プロジェクトが成功するかどうかは、プロジェクトマネージャにかかっていると言っても過言ではない。

では、プロジェクトマネージャにはどのような能力が必要なのか?

考えてみてほしい。

 

プロジェクトマネージャに必要とされる能力の例
 ・業務知識
 ・IT知識や技術
 ・問題解決能力
 ・決断力
 ・コミュニケーション力
など

人によって考える能力は様々だろう。

 

ただ、最も重要な能力は別にある。

最も重要な能力、それは新しいものを自分の中に取り入れる『学ぶ力』だ。

 

マネジメントの発明者として知られるピーター・ドラッカーの名言を紹介しよう。

21世紀に重要視される唯一のスキルは、新しいものを学ぶスキルである。それ以外はすべて時間と共にすたれてゆく。

 

私たちは、プロジェクトを進めるなかで学ぶ機会がたくさんある。

顧客から学ぶこと。
メンバーから学ぶこと。
市場動向から学ぶこと。

書籍から学べることも多くある。

 

しかしながら、多くの人間は学ぶことを嫌う。

学ぶことを嫌い、人の話を聞こうとせず、自分の頭にある少ない知識や経験だけで進めようとする。

この結果、多くのプロジェクトが失敗することになるのだ。

 

具体的なプロジェクトマネージャの仕事については、下記の記事にまとめたので参考にして欲しい。

プロジェクトマネージャの仕事

プロジェクトマネージャの仕事内容とは?現役PMがざっくりと説明

2018年8月9日

さいごに

プロジェクトマネージャの役割は、プロジェクトを成功させることだ。

しかしながら、プロジェクトの半数は失敗してしまう。

「本当に半数ものプロジェクトが失敗しているのか?」と疑問に思うかもしれない。

それは、成功しているように見えるプロジェクトが多いだけだ。

例えば、サービス残業がある部署だと、あたかも予算内に納まっているように見えてしまう…あなたの部署で心当たりはないだろうか?

 

プロジェクトマネージャに必要なものは『学ぶ力』だと書いた。

このサイトにはプロジェクトマネージャに必要な知識やノウハウを残していく。

このサイトによって、プロジェクトの成功に繋がることがあれば、これ以上の幸せはない。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA